SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
≪八重山ライブカメラ≫ 黒島港周辺
黒島港周辺 新川より竹富方向
新川より竹富方向 石垣空港
石垣空港周辺 石垣真栄里
石垣真栄里
PROFILE

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
八重山の島々に想いを巡らせる日々

ROAD TO やいま

民宿みやら

夏の夜、主役であるはずの
バーベキューテーブルもひっそりと、
シーズンオフの「みやら」の夜が始まりました。

沖縄から建築の仕事で来ているひとたち、
神奈川から2週間の離島講習に来ている研修医、
名古屋から来ている釣り仲間。
12月のゆんたくは静かに始まり、
深夜、赤ら顔の宿のおじぃの話で終りました。

窓を開け放した部屋の中で、
手のひらに残るバイクの振動の余韻を楽しみつつ、
泡盛の酔いも手伝って、
明日の晴天を祈る間もなく、
深い眠りに落ちました。

遠く、八重山の海を望む部屋で過ごし、
初めての小浜を満喫した1日が
心地よい夜風の中で終りました。
| 小浜島 | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
宝物


東細崎手前の草むらを抜けると、
静かに海が広がっていました。
誰もいない波打ち際で、
さざなみの言葉に耳を傾けました。


刺すような真夏の陽射しとは違う、
優しい陽だまりの中、
12月の八重山が沁みこんできました。

海風に乗って声が届きました。
遠くを見ると、
ビーチコーミングに夢中の彼女が手招きします。
何か見つけたようです。
わざと波打ち際を走る自分が恥ずかしくも嬉しい、
小浜のひとときがそこにありました。
たからものがみつかりました。

| 小浜島 | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
道のかなた

彼女のブレーキランプに合わせて、
小浜島の小高い丘の上の道端に
バイクを止めました。
遠く石垣島を浮かべる八重山の海が
鮮やかなグラデーションを奏で
青く輝いて見えました。
白波を伸ばして進む船に、
今しがた覚えた船旅の感動を重ね、
八重山の風を思いきり吸い込んで
またキーを回しました。
地図なんていりません。
小浜島の知らない道を、
時が止まることを祈りながら、走り続けました。



| 小浜島 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
接岸

エンジンの音が小さくなりました。
30分の船旅が終わるころ、
青い海を湛える小浜港が優しく迎えてくれました。

はやる気持ちを抑えながら
ゆっくりと船を出て、
桟橋に渡る瞬間を楽しみました。
迎えのクルマを探して、
宿の人との笑顔の挨拶を楽しみました。
「おつかれさま」
「こんにちは!」
重いはずの荷物さえ軽く感じる、
このひとときが大好きです。
| 小浜島 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
青空

名前も無いのかも知れない、
小浜島の小さな浜で、
貝を拾う彼女の姿を遠くに見ながら、
空を見上げました。
そこには何のけがれもない、
何のことばもいらない、
真っ青な空が広がっていました。
もう何も考える必要はありません。
天気予報はみごとにはずれました。
| 小浜島 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) |